楽天アンリミットのデメリットをチェック

未分類

楽天アンリミットのデメリットを確認しました。

基本料が1年無料で解約の縛りなし。

さらにポイント還元がある楽天アンリミテッドですが、中には見過ごせないデメリットもあります。

申し込み前に必ず確認しておきましょう。

\1年無料と端末1円は早い者勝ち/
楽天UN-LIMITを公式サイトから申し込む 

楽天アンリミットのデメリット

楽天アンリミットの主なデメリットは以下の通りです。

・iPhoneでの使用は制限が多い
・楽天回線のエリアが狭い(エリア外は5GBで制限)
・Rakuten Linkを使わない通常の通話では通話料がかかる
・初回の事務手数料は有料、ポイント還元は数ヶ月かかる
・キャリアメールが使えない

\1年無料と端末1円は早い者勝ち/
楽天UN-LIMITを公式サイトから申し込む 

見過ごせないデメリットは2点

前述のデメリットのうち、以下の2点は特に見過ごせないデメリットであり特に注意が必要です。

・iPhoneでの使用は制限が多い
・楽天回線のエリアが狭い(エリア外は5GBで制限)

それぞれ確認していきましょう。

iPhoneでの使用は制限が多い

まず前提として、楽天UN-LIMITを申し込む際に楽天回線対応製品として、iPhoneは選択肢にありません。

もし、楽天UN-LIMITをiPhoneで使いたい場合は端末を自分で用意する必要があります。

そして、対応している端末も現在は限定的です。具体的にはiPhoneXR以降の以下の機種です。

iPhone XR、iPhone XS Max、iPhone XS、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone 11、iPhone SE (第2世代)

iPhone対応機種詳細は公式サイトより

上記の対応機種でもすべての機能を使えるわけではなく、パートナー回線でのSMS利用(楽天回線では使用可)や楽天回線⇔パートナー回線への自動切り替えなどは利用できないとされています。

特にSMS認証は多くの場面で使われる機能であるため、楽天回線がない地域では使えないのは特に注意が必要です。

また、国内通話かけ放題に関してもiPhoneでは当てはまりません。その理由はかけ放題はRakuten Linkアプリを使用することが前提ですが、このRakuten LinkアプリはiOSには対応していません。

そのため、楽天UN-LIMITの大きなメリットの一つである「国内通話かけ放題」はiPhoneでは使えず、通常の通話を使用する場合は30秒20円の料金がかかります。

iPhoneでは上記のような制限があることを予め理解しておく必要があります。

ただし、iPhoneの端末に関しては保証がないだけで、実際には対応機種以外でも使えるという報告は多くあります。

上記の一例のように、実際には公式サイトでの対応機種でないiPhoneでも実際には使用できることが多いのが実情です。もちろん自己責任になるため、その点は注意しましょう。

また、Rakuten LinkアプリがiOS非対応のため、「国内通話かけ放題」に関しては、現状はLINE通話などを使っている人が多数派のため、問題にならないケースも多いのが現状です。もちろんLINEは問題なく使えるため、ある程度カバーできるデメリットと言えます。

\1年無料と端末1円は早い者勝ち/
楽天UN-LIMITを公式サイトから申し込む 

楽天回線のエリアが狭い(エリア外は5GBで制限)

楽天UN-LIMITは楽天回線エリアにおいては、データ容量のGB制限がなく、高速通信が使い放題となりますが、その楽天回線エリアは現状では広範囲とは言えません

5月21日付けで発表しているエリアは、以下の都道府県の一部エリアです。

北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、沖縄

また、該当の地域でも地下や建物内などでは回線が弱かったりで、網羅できているわけではないようです。

ただし、上記のエリア外でも、データ通信などを行えないわけではありません。

auの回線を用いたパートナー回線エリアがあり、これを使えば5GBまでは高速通信、5GB以降も1Mbpsでの通信で使い放題です。追加の料金などはかかりません。

このように楽天回線エリアが狭い点については、現時点では見過ごせないデメリットではあるものの、パートナー回線エリアもありある程度カバーできます。

さらに楽天回線エリアは随時拡大中であるため、時間の経過によってデメリットが解消されてくることが予想されます。

楽天回線エリアの詳細や最新情報は公式サイトで確認できます。

\1年無料と端末1円は早い者勝ち/
楽天UN-LIMITを公式サイトから申し込む 

デメリットがクリアできるならコスパは最高

見過ごせないデメリットを挙げましたが、これらをクリアできれば、楽天UN-LIMITはコスパが最高のモバイルと言えます。

月額は1年間無料。2年目からの2,980円もかなり割安。
データ通信はいわゆるギガ放題であり、楽天回線エリアであれば常に高速通信
楽天回線エリア外でもパートナー回線エリアなら5GBまでは高速通信、5GB以降も1Mbpの速度制限があるものの容量は無制限。
Rakuten Linkアプリを使えば通話も無料
契約期間の縛りがなく、解約の違約金もかからない
キャンペーン期間中であれば1円端末が入手でき、端末代は1円
1年目に唯一料金がかかる初回の事務手数料も、後のポイント還元で実質無料。もしろ余計に3000円ポイントもらえる。

整理すると、1円端末で申し込めば、1年間は実質無料でギガ放題を使えるスマホと言えます。

\1年無料と端末1円は早い者勝ち/
楽天UN-LIMITを公式サイトから申し込む 

楽天UN-LIMITのおすすめの利用方法

前述の通り、1円端末で開始すれば、1年間は実質無料で使えるスマホが楽天UN-LIMITです。

楽天UN-LIMITを安全かつ効率的に使用する方法としておすすめなのが、2台目のスマホとして利用開始する方法です。

一見メリットが多いように見える楽天UN-LIMITでも実際に使用したら楽天回線が入りにくい、使用感がイマイチという可能性もあります。

そこで現在使っているスマホをそのまま維持しながら、2台目のスマホとして楽天UN-LIMITの使用を開始し、問題なければ現在のスマホを解約して、楽天UN-LIMITに完全移行するという方法を取ると、安全かつ効率的です。

前述の見過ごせないデメリットとした内容も2台目のスマホとして利用するのであれば全く問題ありません。

実質1年間は無料で使えるため、使用期間・移行期間が1年あると思い、じっくり試すのが良いでしょう。もし、気に入らなければ1年以内に解約すれば、損することはありません。

注意点として端末1円キャンペーンが2020年6月17日までの期限であり、在庫制限もあるため、実際は期日よりも早く終了の可能性もあります。

また、プラン料金1年無料に関しても先着300万人のため、こちらも早期終了可能性があるため、検討している場合は、公式サイトからなるべく早めに申し込むのが良いでしょう。

\1年無料と端末1円は早い者勝ち/
楽天UN-LIMITを公式サイトから申し込む 

コメント

タイトルとURLをコピーしました